WWDC 2020はオンラインでの開催を採用

Apple社はWWDC 2020をオンラインで開催することを発表しました。「健康不安に関わる現在の状況を鑑みて」とのことで、新型コロナウイルスに対する取り組みと思われます。

他にも、新型コロナウイルスに関連するアプリのリリースを認定された団体からのみに制限するなど様々な対応を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です